いがぐりを 潮風撫でる 岬かな

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

In the cape where the typhoon has left, the sea breeze gently is stroking chestnuts covered with thorns in the former way.

ここ2日間は台風一過の秋晴れが広がったが、またまた台風25号が発生し、只今北上中とか。今回は日本本島は直撃を免れそうですが、沖縄は相変わらず通過地点に入っているようで、お気の毒なことです。

台風25号は「コンレイ」と命名されたそうですが、最近はあまり知られていないようですね。

我々の世代では「ジェーン」台風はあまりにも強烈だったので、おそらく誰でもが知っています。当時はまだ実質アメリカの支配地域だったので、アメリカの習慣で台風にも名前をつけました。「ジェーン」はもちろんアメリカ女性の名前。日本の「花子」さんみたいに馴染み深い名前なんですね。

アメリカではハリケーン何号と言わず、必ず名前をつけて区別するそうで、大概は女性の名前が付くようです。あのハリケーンや台風の凄まじさは、女性が一旦怒り出したら怖い怖い、その恐ろしさから連想したんでしょうね。女性はどこの国でも怖いんですよ。もっともその原因は大概男性が作り出すんですがね。

ということで、25号は「コンレイ」。カンボジアが命名国らしいです。名前の由来は、カンボジアのある少女の名前らしいです。ちなみに前回の24号は「チャーミー」。命名国はベトナム。名前の由来は、ベトナムの花の名前のようです。

このように台風にはそれぞれ名前がついていて、発生した国に命名権があるそうです。どの名前も魅力的で、あんなに怖い台風とは想像も付きません。

男性諸君、よく心することですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です