冥土まで 持って行きたや 梅と富士

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

How beautiful is the combination between Mt.Fuji in the silver and plum blossoming! When I die, I want to burn this sight into my eyes and die.

最近日本の縄文時代が世界的にも注目されていて次々と驚くような論文が発表されています。

世界で最も古い文明は4大文明の地メソポタミヤのシューメール文明で、今から6,000年前だと言うのが定説でした。しかし、日本の縄文文化はそれを遡ること1万年、今から16,000年前に発祥し、10,000年前にはかなり高度な文明を築き上げていたのではないかと言うことが、いろんな年代測定法からも明らかになってきています。

更に面白いことに、このシュメール文化を担った人たちがいったいどこからやって来て、そんなにも急速に高度な文明をどうして築き上げたのか、いまだに謎だそうです。彼らの残したシュメール文字は解読も進んでいますが、それによると、彼らはおそらく海伝いに海と山に囲まれた地からやってきたと推測され、ジッグラトという巨大なピラミッドを築いて都市国家のようなものを作ったと言うことです。

ここから勝手な推測ですが、このシュメール人こそ古代縄文人たちの子孫で、ジッグラトは祖先の故郷の地に聳える富士山を模したのではないかということです。最近のDNA鑑定でも、日本人の多くのDNAは中近東の人たちのDNAに近いそうですから、このことからもシュメール人との関係は深いように思います。

さらにピラミッドは世界の古代文明の地では必ず作られていて、その最も有名なのがエジプトのピラミッドですが、これさえ日本の富士を模し大きく発展させたものではないかと推測するわけです。

話はどんどん発展しますが、富士山はこのように日本のシンボルだけに留まらず世界人類共通のシンボルのような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です