まほろば俳句会

 

☆★☆ 投稿大歓迎 ☆★☆
心ない掲示板荒らしの不正なアクセスの為しばらく非公開にします。
閲覧及び投稿されたい方は、santa@ces-inter.com までお申し出ください。

写真俳句集 = まほろば俳句会(クリックしてください ⇒ 俳句をクリックすると写真が出ます。)=

俳句は世界で最短の定型詩である。
近世に発展した俳諧連歌の発句、中でも単独で鑑賞に堪える地発句に源を発し、17世紀の松尾芭蕉によりその芸術性を高め、いまや文芸の一ジャンルとして確立した。
五・七・五音で構成され、季節を表す「季語」を盛り込めば誰でも気軽に作詩できる世界で最も簡単な詩ともいえる。
しかしこの俳句に思いを入れるに人は多い。
春夏秋冬、この十七音に籠る情念はまことに深い。
俳句人口は300万人とも500万人とも言われているが、最近では外国でも広く知られるようになり、3行詩の「Haiku」は静かなブームになっている。
マブソン青眼、ドウーグル、アーサー・ビナードといった青い目の俳人も排出しているほどだ。
そして写真俳句。
メディア革命と言われる現代において、俳句も新境地が開けつつある。
「不易流行」、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくことを言い表した芭蕉の理念は、思いもよらない流行を生み出しつつあるのかもしれない。
喜怒哀楽、心に浮かぶ心象、いかに多くの言葉を費やしても言い尽くせるものではない思いを、いっそのこと五・七・五音に閉じ込めてしまおうではないかという逆転発想を芭蕉は「言い尽くせて何かある」と言い切った。
俳句と写真のコラボレーションは、俳句にとって邪道かもしれない。
五・七・五音の言葉で無限の世界に迫ろうとするとき、写真という映像はあまりにも即物的、短絡的に思えるかもしれない。
しかし映画がそうであるように、文芸と映像が結びついた新しい芸術分野が生まれても、なに不思議があろうか。

投稿いただくみなさんへ
⑴ 先頭行の「まほろば」をクリックしてください。
⑵ 「留意事項」は必ずお読みください。
⑶ 「新規投稿」をクリックしてください。
⑷ 「画像認証」には右に出る数字を打ち込んでください。(必須)
⑸ 「コメント」にも必ず書き込んでください。
⑹ 最後に「スレッドを作成」ボタンを押してください。

まほろば俳句会」への2件のフィードバック

  1. この写真は、もしかして目黒雅叙園でしょうか?

  2. 画像はランダムに出ますのでどの写真かわかりませんが、雅叙園の写真も確かに入っています。

コメントを残す