瓢箪はひょこりんたん


♪♪♪ 瓢箪の歌 ♪♪♪

気になってしょうがない歌がある。
うる覚えだが歌ってみたのが上の『瓢箪の歌』である。
歌詞は、

瓢箪は ひょこりんたん
月の夜更けに 夢を見る
何時か何処かで 何かをしたい
何って何さ 何処って何処さ
何時って何時だかわからない
わからないけど そんな夢
そんな夢見て ひょこりんたん

で、題名もわからないし、歌詞も旋律もうる覚えだが、未だに覚えているから不思議だ。
そして驚いたことには、これが今の時代なんですね。
「瓢箪がひょこりんたん」と検索してみたら、同じ思いの人がいるはいるは、YouTubeで歌っている人までいる。

皆さんの書き込みから、どうも昭和35年(1960年)前後にNHKで放映された子供番組の主題歌らしい。
4回しか放映されなかったらしいから、僕の記憶も大したものだと言ったら叱られるか。
そうじゃなくって、それほどぼくにはインパクトがあったということだ。
豊臣秀吉が日吉丸と呼ばれていたころ、夢を求めて天下を放浪する物語だったように記憶している。
実に素朴でちょっと寂しさの漂う、今歌ってもいい歌だなと思う。

NHKにも問い合わせた人もいるいるそうだが、NHKにも資料が残っていないそうだから、
ほんの単発番組であったんだろう。
これを読んでいただいた人の中にも思い出していただける方がいればうれしいなあ。

瓢箪はひょこりんたん」への5件のフィードバック

  1. 私は、67歳になるオジサンですが、昔からずーっと心に残っている歌がありました。日吉丸のドラマの歌であることは確かなのですが、タイトルも分からず、ひそかに探していました。まぼろし探偵や赤胴鈴之助、白馬童子等々、あの時代の主題歌は、ほとんど覚えています。
    そんな中で、今日、試しに、♪ 瓢箪はひょこりんたん ♪と歌詞で検索してみたところ、全国に、そういう人たちがいることを知り、驚きました。とてもマイナーな歌なのに、、、、。
    ただ、私の記憶には、2行目の「月の夜更けに 夢を見る」の部分がなくて、「どんな夢見て ひょこりんたん」と歌っていました。多くの人が、「月の夜更けに 夢を見る」と書いてあるので、たぶんそちらが正解なのだろうと思います。メロディーは一部違うようです。YOUTUBEで、他にも歌っている動画がありましたが、そちらは、私の覚えているものと同じでした。
    いずれにせよ、本物が残っていないのが残念です。

    • シマシマジジイさん、お呼びするのにちょっと抵抗を感じましたが、そのままお呼びいたします、ご投稿ありがとうございます。
      仰しゃる通り、この歌に郷愁を覚える方が沢山いられるのにびっくりしたしだいです。夕方6時半位の放送だったように記憶しますが、素朴で夢を感じるこの歌に多くの我々子ども達の心を捕らえたんだとおもいます。何かの折にずっと口ずさんでまいりましたが、歌詞もメロディーも自分の中で風化してきた事は否めません。この間も、lineでこの歌を、子ども達や孫たちに送ったところ、意外に受けて嬉しかったです。

      • 早速のコメント恐れ入ります。
        こういう歌が、多くの人たちの心に残っているなんて、不思議なものですね。
        一つ胸のつかえが取れて、スッキリした感じがしますが、これで、当時の実際の映像なり音源が出てくれば最高なのですが、ちょっと無理なのでしょうね。
        どうもありがとうございました。

  2. 瓢箪は ひょうこりんたん 月の出る夜に 夢を見る いつかどこかで 何かを見てる いつっていつさ どこってどこさ 何って何だかわからない 分からないけどそんな夢 そんな夢見て ひょおりんたん 
    という風に憶えていました。田舎の小学生の頃、雨の中を友人と釣りに行って、釣果はゼロ、淋しくなって 友人にこの歌を歌ってやりました。遠い幻影のような昔の話、今でも懐かしく想い出します。youtubeの歌の調子は、私の記憶の中のメロデイと少々違っていましたが、この曲を憶えている人がいるとは、げにまっことうれしい限りです。

    • 御厨ジロ―さん、コメントいただきありがとうございます。
      上のシマシマジジイさんもおっしゃっているようにwebサイトで「ひょうたん」を検索すると結構な数の投稿があり、ぼくもびっくりした次第です。昭和35年というと僕はもう高校生だったですよ。幼かったのか、この曲が流れだすと取るものも取りあえずテレビに駆け付けたものです。単純なメロディの中に哀愁と夢があって子供たちの心をとらえたんでしょうね。この間も夜中に目が覚めて、自然に口すさんでいたのもこの歌です。

コメントを残す