育児


最近しばしば幼児虐待の事件が報じられ、どうして罪もない子供に、ましてやかわいい我が子にそんな残虐なことができるのか、多くの人々に理解しがたいこととして受け止められています。
実はこれはなかなか根深い問題で、何も今に始まったわけではなく、昔からさまざまな事例が報告されていますし、西洋社会にももっと残酷な幼児虐待の事例が記録に残っています。
文学の世界でも有名なのは、19世紀のロシア文学の世界的巨匠といわれているドストエフスキーの作品である「カラマーゾフの兄弟」の中で、兄のイワンが弟の修道僧アリョーシャに、幼児虐待のさまざまな事例を引き合いに出して、人間のなかに潜む不条理を論じている場面があります。
「いいかい、もう一度はっきり断言しておくが、人間の多くのものは一種独特な素質を備えているものなんだ。―― それは幼児虐待の嗜好だよ、しかも相手は幼児に限るんだ...まさに子供たちのかよわさが迫害者の心をそそり立てるのさ。逃げ場もなく、頼るべき人もいない子供たちの天使のような信じやすい心、これが迫害者の忌まわしい血を燃え上がらせるんだ。」

こうした人間の持つ嗜虐性は、幼児に限らず、いじめの問題にも、人種差別の問題にも、はたまた中東やアフリカで繰り返される憎しみの連鎖などにもあらゆる場面で発揮されます。最近日本だけに限らず、世界のあらゆる場所で繰り返されるこうした残虐行為は、人間の根深いところに内在する本性かもしれません。ただ今日的な問題としては、そうした残虐行為が、一瞬にして全世界の知るところとなり、誰の目の前にもまるで現場に居合わせたかのように露呈されることです。こうした環境に生まれ育つ現代人が、も一度イワンとアリョーシャの会話に耳を傾けつつ、人間に内在する嗜虐性をいかに封じ、この21世紀的環境をどのように受け止め、どのように対処していくべきか、我々一人ひとりが自身の問題として問い詰め、身近なところから行動を起こしていかなければ、明日もまた悪しき歴史を繰り返すことにはならないか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以前に投降した内容ですが、その後も相変わらず幼児虐待に関する事件が起こっています。
「人間のなかに潜む不条理」とは論じていますが、手放しにしておくわけにはいきません。
何が親をそして大人を幼児虐待に駆り立てるのか、他人ごとではなく、誰もが体験する病理の原因は何なのか、
あらゆる側面から考えてみることで、この時代の育児に新たなヒントを見いだせるかもしれません。

育児」への4件のフィードバック

  1. 児童虐待。
    直接的な原因は様々だと思いますが、その根っこにあるのは、やはり虐待する親の成育歴にある深い問題かと、以前、職業でもボランティアでもそういう子供たちに関わっていた私は感じています。「虐待~精神的虐待も含めて~は再生産される」ということです。
    しかし、Santaさんがここに書かれているような観点から見てみれば、それは残虐性という傾向の(?)再生産なのかもしれません。
    私は、この再生産を失くすのは教育しかないと思っています。家庭の中での教育、学校での教育、社会での教育・・人が成長過程で体験する様々な場での教育。「優しさは人間の目指すべき強さであり、美しさである」と人の心に訴え掛け、教えていく教育。これが必要なのではないかと思うのです。

  2. 古くはソクラテスに始まって、ルソー、ヘルバルト、ペスタロッチ、デューイなどなど含蓄のある教育思想を語っています。ロシアの文豪トルストイは人生の大半を教育の実践に振り向けました。
    今の時代、世界を見渡してもこれほどの教育思想家が存在するでしょうか。ここに現代社会の混沌の原因があるように思えてなりません。

    • 私にも虐待される過去が有りました。私は生後3ヶ月で実父の兄弟の末の弟を父に持つべきに生まれ、4歳の折養父に女児が生まれ、その下に男児が生まれ、幼き私わいつの間にか
      虐待受ける羽目になり、同じ住居に実の兄が養父の会社に雇われ養父自宅に寝泊りして通い、中学卒の兄が私の幼少の頃を見て、不憫な芳子の姿を記憶して、阪神、淡路大震災の後
      肝臓がんになり、10年生き3年前に亡くなりましたが,生前私を滋賀の兄の家に呼び寄せ,虐待の日々に実母のも元へか経そうかと想い悩んだそうです。その養母も継母に育てられ同じ過ちを犯した様です。離婚を乗り超えて今は息子の元で孫に囲まれ幸せな生活を経て今の老人、いやシニア住宅に暮す日々を楽しく過ごす日々です。芳子

  3. 私も両親に虐待されてきました。

    父は亡くなりましたが、お墓参りにも行きません

    母の葬式にも出るつもりは有りません

コメントを残す