睡蓮の 輝く葉っぱで 一眠り

The young leaves of the water lily are shining. Flowers seem not to be the main but to be an accessory. I thought it would be nice to take a nap on this leaf. The flower word for water lilies is “a pure heart.” The scientific name “Nymphaea” comes from the water fairy Nymph. German poet Heine saw the water lilies and deplored;”I don’t know where women are angels or where they are devils.”. In this way, water lilies are also regarded as flowers with a magical potential somewhere. In any case, the idea that water lilies are so beautiful is the same everywhere.

睡蓮の若葉が輝いています。花が添え物のようです。この葉の上で昼寝したらさぞ気持ちいいだろうな、と思いました。睡蓮の花言葉は「清純な心」。学名の「Nymphaea」は水の妖精Nymph に由来します。ドイツの詩人ハイネが睡蓮の花に因んで。「女性はどこまでが天使で、どこからが悪魔なのかわからない。」と慨嘆したように、魔性を秘めた花といい伝えられている所もあります。睡蓮はそれほど美しいという思いはどこも同じなんですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください