短夜の 線香花火は 物語り

On summer nights, adults feel a strong temptation for children to play with sparklers while sitting on a chaise lounge in a small garden. This will bring back the dreams of their childhood. Memories of familiar people who are not in the world now are recalled. …In fact, the way in which this sparkler burns has “introduction, development and final “, “introduction, development, turn and conclusion”, poetry, and music.

This is extracts of Torahiko Terada’s “Sparkler.” People identify their lives with sparklers that change instantly like peony, pine needles, willow, chrysanthemum.

夏の夜に、小庭の縁臺で子供らのもてあそぶ線香花火には、大人の自分も強い誘惑を感ずる。これによつて、自分の子供の時代の夢がよみがへつて來る。今はこの世にない親しかつた人々の記憶が喚び返される。・・・實際、この線香花火一本の燃え方には「序破急」があり、「起承轉結」があり、詩があり、音樂がある。

寺田寅彦の『線香花火』の一節です。牡丹→松葉→柳→菊とほんの一瞬に変わる線香花火に人は我が人生を重ねます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください