風鈴に 簾(すだれ)が揺れて 心太(ところてん)

On July 31, yesterday, the rainy season finally opened in the Kinki region, 10 days later than normal. It is finally the start of summer in full swing from today. This year we have been fighting the coronavirus since the beginning of the year and we are still in the middle of it now. If it is flu, it will subside in the summer, but the new coronavirus is regaining momentum far from weakening. Global warming seems to be the cause of the late rainy season and the new coronavirus in the summer. The earth is becoming harder for humans to live in and cheaper for viruses.

昨日7月31日、近畿地方は平年より10日遅れてやっと梅雨が開けました。いよいよ今日から夏本番のスタートです。今年は年の初めから新型コロナウイルスとの戦いに未だに明け暮れています。インフルエンザなら夏場には治まるのですが、新型コロナウイルスは衰えるどころかまた勢いを盛り返しています。遅い梅雨明けと夏場の新型コロナウイルスの遠因は地球温暖化にあるように思います。地球が人間には住み難く、ウイルスには住み安い環境に変わってきているのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください