湯上がりの 心も癒す つるし雛

At the Inatori hot spring town of Izu, the festival of Hanging Hina, a traditional event, began. The festival was originated to honor that the mothers of poor peasants made hina dolls from old clothes for their daughters.

「つるし飾り」発祥の地をうたう静岡県東伊豆町の稲取温泉の「つるし飾り祭り」は、福岡県柳川の「さげもん」と山形県酒田の「傘福」とともに「日本三大つるし飾り」のひとつとして知られています。

江戸時代においては、お雛様を購入できる裕福な家庭はまれで、せめて、お雛様の代わりに愛する子供や孫のために手作りで初節句を祝おうと、母親や祖母が「つるし飾り」をしたのが稲取の雛のつるし飾りだそうです。

一度は廃れかけた風習でしたが、1998年から毎年「雛のつるし飾りまつり」として復活、地区全体を会場に様々な箇所で様々な雛人形が飾られています。

写真は、素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)の118段の石段をひな壇に見立てた雛飾りで、両脇には無数のつるし雛が飾られていて圧巻です。

稲取の「つるし飾り祭り」は1月20日から始まっていますが、素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)の「つるし雛」はこの20日から始まり、3月10日まで開催されます。

これから3月3日の「桃の節句」「ひな祭り」まで各地で「ひな祭り」に因んだ様々な催し物が繰り広げられることでしょう。

メジロまで 桜をバックに ポーズ取り

A Mejiro, a Japanese white-eye bird, is coming and watching cherry flowers. On pointing my camera at one, it poses like a human being by twisting its body. That figure is very cute.

梅にウグイスとはよく使う表現です。桜にウグイスとはあまり聞きません。写真は桜にとまった目白ですが、これとてウグイスと間違われる方が多いのではないでしょうか。

うぐいす色というのは、写真のような黄みがかった緑がなんとも言いようのない色彩を言い表す言葉で、このメジロの色こそ連想するうぐいす色なのです。しかし、実際は、ウグイスはこんな色ではなくもっと地味で茶色がかった色をしています。

梅にウグイスという表現は、梅にとまるウグイスを言い表しているのではなく、梅が咲く頃ウグイスが鳴くということからきた言い表しようです。

ウグイスはとても警戒心の強い鳥でめったに人目には留まりません。ましてや、特に人が集まる梅や桜には十中八九やってきません。やってくるのはメジロです。ウグイスは声だけは美しくて甲高く、梅や桜の咲く頃、木立の中から姿を見せずに囀ります。

メジロは人懐こい鳥で警戒心があまりありません。鳴き声もチチチッ、
チチチッと鳴くだけで鳴き方はウグイスには負けます。

「梅にウグイス」は鳴き声の取り合わせで「梅にメジロ」は色の取り合わせ。それがねじれて「梅にウグイス」という誤った連想が生まれたわけですね。

天ぷらで 春の苦味は 蕗の薹

The feature of spring Japanese food is “bitterness”. Japanese food often uses wild vegetables as materials but the spring wild vegetables have bitter taste in general. It is because that bitterness has been thought to discharge the waste matter accumulated in the winter from the body.

「春は苦味を盛れ」― 和食でよくこう語られます。

春の食材は山菜が主役です。タラ、ウド、ノビル、ツクシ、ワラビ、ゼンマイ、野山ではこれらの山菜が一斉に芽吹きます。どれにも独特の苦味があります。

冬の間に体内に蓄積された老廃物をこれらの苦味が一掃してくれる、と信じられてきました。実際にもその通りで、これらの山菜にはベーターカロチンやカリウムその他様々なミネラル成分が含まれていて、春に向けて体をリフレッシュしてくれます。知らず知らずの内に語り伝えられてきた伝統の食材なんですね。

春の七草、秋の七草、季節季節に盛られる伝統の味にも、れっきとした栄養のあとづけがあるのは驚きです。

最近、日本の縄文文化が世界でも注目されていて、我々が知る以上に縄文文化は高度で広がりのある文化だと認識されつつあります。旧石器時代に土器が制作されている痕跡、それに盛られた食材。

蕗の薹の苦味の込められた歴史を味わうのもまた一興です。

天高く 野焼きの煙 春の香

Field burning is done in various parts of Japan this time. It eradicates pests and its ash becomes fertilizer of plants. It is also an important occasion as Shinto rites.

1月26日には、奈良の若草山で山焼きが行われました。これを皮切りに各地で山焼き、野焼きが一斉に行われます。

有名なところでは、阿蘇の野焼き、大室山の山焼き(写真)、秋吉台の山焼き、などがあります。

害虫の駆除のためにも、また焼いた後の灰が草木の肥料になることから行うところもあれば、奈良若草山焼きのように、春日大社、興福寺、東大寺の神仏が習合して、先人の鎮魂と慰霊、さらには世界の人々の平安を祈っての神事としての山焼きもあります。

どの山焼きのも沢山の人々が押し寄せ、春の到来を告げる一大イベントになっています。

昨日2月19日は「雨水」と言って、二十四節気(1年を24等分して付けた季節の名称)のひとつの日です。大寒、立春、雨水、啓蟄、春分、といった具合ですね。このように日本人は非常に季節に拘り、大切にしてきました。

また、昨日はスーパームーンの日でもあったわけで、これはこれで多くに人の話題にもなりました。

古き良きこと、新しい発見、そんな邂逅の日であったわけですね。

緋桜と 菜の花織り成す シンフォニー

The color of scarlet cherry and yellow rape blossoms collaborate and there is an atmosphere like a symphony being played on the hill.

寒緋桜は旧暦の正月、新暦では2月上旬に開花するので元日桜と呼ばれることもあります。緋寒桜、台湾桜、緋桜とも呼ばれ、緋色をしているのが特徴です。

この寒緋桜と大島桜をかけ合わせた里桜「河津桜」が有名になり、特に静岡の「河津桜」は多くの観光客を集めています。

開花の早い桜としては山形県の啓翁桜がありますが、これは中国系の美桜と彼岸桜をかけ合わせてできた桜です。これなどは1月には開花するわけですから、桜も早咲きのものがけっこうあり、こうして情報法社会になりますと、今までは地元でしか知られなかった珍しい桜がまたたく間に全国に知られることになるわけですね。

しかしこれらの桜も露払い的な桜で、桜といえば染井桜。これが咲き始めると本格的な春の幕開けです。今はまだ梅が各所で満開という状況ですから、これが散ると染井桜の出番です。

きびなご を 炙りながらの 囲炉裏酒

It is also fun to drink and chat while baking a fresh Kibinago fished on the hearth in a cold day.

この時期の季節の魚といえばイカナゴトとキビナゴです。

イカナゴは内海、特に瀬戸内海などを回遊するので、1月下旬から2月上旬に解禁になると、2cmから3cmくらいのイカナゴを取って阪神間では釘煮などにして食べます。このイカナゴも年々漁獲量が少なくなり、1kg当たりの値段も、5年ほど前は1,000円を切っていましたが、今年は2,000円を超えています。

一方キビナゴは4月から6月にかけて太平洋岸に沿って産卵場所を探しながら北上します。写真のキビナゴはもう10cmくらいの大きさになっていて、お腹には卵をいっぱい抱えているのでちょうど食べごろです。今の時期にこのくらいのキビナゴが取れるわけですから、これも温暖化の表れかもしれません。季節季節の魚から気候の変動を読み取れるわけですね。

囲炉裏を囲んでキビナゴを焼きながら飲むお酒は、酒好きの人にとっては堪らないらしいですが、下戸にとってはもくもくと食べるのみです。

 

薄す雪の 重さに耐えて 梅の花

The plum blossoms have just bloomed by the cheerfulness of spring, but are covered by unexpected snow and desperately are standing its weight and coldness.

大阪も平野部はほとんど雪が降りませんが、山間部に入ると違います。箇所によっては結構雪深いところがあって、車で行くのも大変なところがあります。

今年は温暖気象で、早くから梅が咲き、菜の花や桜もちらほらというところもあります。

2月といえば梅が主役で、ほとんど満開を迎えます。そんな時、先週からは急に冷え込んで、山の梅にも雪が覆います。

春の陽気に誘われてせっかく花を咲かせたのに、この雪ではたまりません。寒くて重くてひたすら耐えていますが、さすがにその重さに耐えかねて枝をぴょんと跳ねて、積もった雪を払い落とします。そのしぐさに思わず微笑んでしまいます。

また、時折、鶯がやってきてその雪下ろしを手伝います。なんともほほえましい光景で、ほっこりとした気分になります。

こうして日一日春が明けていくんですね。

待ち遠しいような、それでいてもう少しこんな光景を留めてほしいという複雑な気分です。

写メールも もらって嬉しい バレンタイン

I completely forgot the day of Valentine, but I received some e-mails of Valentine ‘s chocolate. I would be glad to get it even if it was virtual chocolate.

昨日2月14日はバレンタインデーだったんですね。

テレビやスマホではよく報じられているのでわかっていたんですが、昨日がその日だとは気付かなかったし、それほど関心もなかったのですが、たくさんのメールの中に、写真のような写真を添えたメールが何通かあり、どれもこれがチョコレートの写真だとは思えないものばかりだったので、まだバレンタインデーに気付かずにいました。

お礼の返信を送るついでになんの写真かお尋ねしたら、チョコレートの写真だと言うことで、はじめて「あっ、そうだ今日はバレンタインデーだ。」と気付いた次第です。

認知症の兆候が現れたのかもしれません。

それにしても、えっ、これがチョコレートと思うばかりの写真でしたので、ずいぶんチョコレートも様変わりしたもんだと、浦島太郎の心境になりました。

当日のニュースを見てもこの話題でもちきりで、今はチョコレートだけでなく、様々な商品がプレゼントに使われるようだし、女性から男性に送るだけではなく、同性にも家族や友達にも、日頃の感謝を込めて送るそうだし、これは止めようとか、どうせ送るならそのお金を募金箱に入れようという呼び掛けもあるようです。

多様化してけっこうなことだと思いますが、本来の趣旨にかえって、もっと簡素に、チョコレートを女性から好きな男性に送る日だとしても良いのではないかとも思いました。

まんぷくの チキンラーメンで 偲ぶ冬

NHK ‘s morning drama has finally come into its climax. Impressed by it, today’s breakfast is “Reprint edition instant ramen”. I ate delicious, remembering a lot of things at that times.

NHKの朝ドラ「まんぷく」は毎回見ています。いよいよドラマも佳境に入って、即席ラーメンは完成し、「まんぷくラーメン」と命名されました。

昨日はそれに惹かれてか、さっそく近くのスーパーに出かけたら、入り口に「1958年復刻版パッケージ」と刻印された即席ラーメンが並んでいます。商魂たくましいというか、お客の要望あってのことか、ともかく買い求めました。

今朝はこれで朝食です。栄養と健康のことを考えて、お肉や野菜をたっぷり入れ、お鍋で煮たわけですから、インスタントラーメンの食べ方とはちょっと違ったかもしれませんが、美味しかったです。

麺が実にいい。昔はこんなだったか、思い出せもしませんが、復刻版といっても当時のそのままではなく、麺も今の技術でできた麺なんでしょう。

食べながら、昔のことを思い出しました。

京阪沿線の千林駅を降りると千林商店街という、当時はかなり繁盛した商店街があり、その入口に「主婦の店ダイエー」というスーパー・マーケットのはしりの店があって、中内のおっちゃんが枚掛けをして「いらっしゃい、いらっしゃい」とお客を呼び込んでいました。後の「スーパー・ダイエー」ですね。中内のおっちゃんこそ、その創業者で、日本で初めてのスーパー・ストア、「ダイエー」を築き上げた人です。

そこにこのインスタントラーメンがうず高く積み上げられていました。

それと当時これも珍しいコカ・コーラとを買って、時々、これもまだ創業間のない「餃子の王将」で餃子を食べて、家に帰ったものです。

あれやこれや、もう昔昔のことが思い出される朝食になりました。