ご挨拶


「水のごとく雲のごとく」をお訪ねいただきありがとうございます。
生々流転、私たちの人生はまさしく雲のごとく水のごとくであります。
己が意志であるやなしや、時に塵芥にまみれ喜怒哀楽はあっても所詮天蓋の一滴(ひとしずく)。
何を憎むことがありましょうぞ。
何を悲しむことがありましょうぞ。
明日を生きる幸せだけを願い行い、世の安寧と平安を祈りましょうぞ。
そしてこの限りある命のほんの一瞬(ひととき)、
お互いこうしてお目にかかれる稀有と不思議に思いをいたし、
慈しみあいご縁を大切に思う心こそが永遠(とわ)の命を得、
この大宇宙に住まう有資格者になりうると信じまする。

Thank you for calling at my website ‘Like Water and Like Clouds’
Our life constantly changes as if it is water and clouds.
We are not alive only of our will, but we live occasionally mixed with the world with feeling Joy, Anger, Humor and Pathos.
However at most each one of us is the same as only one drop of water which falls from empty heaven.
Whom do we hate?
What do we lament?
We should wish only the happiness living tomorrow, and should carry out the good, and should pray for the stability and peace of the world.
We have met in this world in a mere instant on the time-axis extended infinitely.
It is a wonderful thing in a very rare thing.
Therefore, it is very important for us to have the heart which values each other and sympathizes with him.
Only the person who is able to have such heart is given the right which can live in this universe forever.

ご挨拶」への3件のフィードバック

  1. 人の人生は天より定められた枠に乗り流浪の度をせざるを得ない物でしょうか・・波乱に満ちた人生を、生まれながら背を居、旅をする今を懸命に
    生きる自分を切なく思う日々、愛おしく思う今日此の頃です。

  2. 新年には孫の受験のコツを教えて戴き有難う御座います。先日受験地域の神社のお札を届けに参りましたら、本人は朝から塾で当然留守で、朝の弱い孫には、お嫁さんの協力で起こされて居るようです。勉強させ戴ければ光栄です。

コメントを残す