乗り越えて やっと実りの 稲穂かな

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

The rice plants that endured both the hot summer and the typhoon get down the heads and only wait for being harvested now.

朝早くから祭太鼓の音が聞こえてきます。6日、7日のだんじりのお囃子の練習です。全国どこでもこの時期秋祭りが繰り広げられますが、元は稲の無事収穫を感謝してのお祭りです。

今年も梅、桜の開花時期、梅雨入り、梅雨明けのずれ、集中豪雨、記録破りの高温、台風の巨大化と異常発生、どれをとっても想定を超える天変地異の連続でした。それでもなんとか耐えて、全国の稲作状況も指数102で「やや良」だそうですから、ありがたいことです。昔ならこうは行かなかったでしょうから、様々な面でやはり進歩、改善されてきているのでしょう。

古来、食においてはもちろん、税の基本に成ってきた日本では、今でも米の収穫状況はその年の国力を占う指標になっています。食生活も変わり、朝食はパンという家庭も多くなり、米の作付面積もどんどん減って、このままでは米の輸入国になるという危惧もありますが、美味しい米もどんどん増えています。

第三次安倍内閣が発足しましたが、日本の農業政策には今も確としたものがありません。工業立国、IT立国、観光立国も大切ですが、食糧安保をしっかりしたうえでの立国で、最近話題の廃棄食品問題なんかも含め、将来を見越した農業政策をしっかり確立してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です