山肌も 新芽が吹いて ふーんわり

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

♭♭♭ さくら、さくら ♭♭♭

New buds are beginning to sprout from the trees of the mountains. It causes to feel the mountain surface soft as if the mountains are covered with soft quilts.

あたりの山肌が羽毛布団でもかぶせたようにふーんわりとしてきました。木々の新芽が吹き出してきたんです。これからどんな模様が山肌に表れるのか楽しみです。桜が一面に咲くのか、新緑の中にポツンポツンと咲くのか。

しかしこうした光景は近年少なくなってきました。お金にはならない広葉樹林は次々伐採され、お金になる杉、檜が日本のいたるところで植栽されるようになってきたからです。

ところが思惑が外れ、安い外国産の杉、檜材が入ってくると、もう国産では太刀打ちできません。拡大造林された山々は放ったらかし状態です。今や国民病にもなっている花粉症の元凶です。国の農林政策の大きな誤りです。

白神山地が世界遺産になるほど広葉樹林帯は少なくなり、今や都会のど真ん中にもイノシシが現れたり、サルやシカが悪さをするのも、広葉樹林にできる餌が得られなくなったからです。

真の豊かさとは何か。21世紀の大きなテーマです。

 

山肌も 新芽が吹いて ふーんわり」への2件のフィードバック

  1. 皮肉なものですね。
    目先の小欲に駆られて
    本当の宝を失う愚かしさか。
    近所の溜池が埋められて
    分譲住宅になるようです。
    小金を懐に入れて
    大切な水資源を失う、命の源を失って
    金などあっても仕方ないのに。

    先生の英文を使って
    塾で英語の学習をしたいです。
    よろしいですか?

    • 英文の添えるきっかけになったのは、ふと浮かんだ句をTwitterに写真を添えて投稿していたところ、外国の方から自動翻訳では意味がわからないというご指摘を何度か頂いたことから始めました。今、日本の文化に関心を持つ外国人が増えていまして、俳句もその一つです。投稿句の説明もさることながら、日本の文化に対する関心と理解をしていただけたらという思いもあります。嬉しいお申し入れでありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です