現し身の 心も染むる 秋の彩

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

Noyama and Sato are completely in fall.  When expressed in color, spring is green and autumn is red.  Since the evening is also red, everything is red at the end.What color is the end of life?

野山も里もすっかり秋です。色で表すならば、春が緑だとしたら秋は赤ですね。夕日も赤ですから、赤が万物の最後の色かもしれません。

実際に、物理学的にみても、赤は緑に比べて波長は長く振動数は少ない、つまりエネルギーは少ないわけです。

赤外線はせいぜい熱を伝えてくれて温っかくしてくれる程度ですが、紫外線は怖い。緑は緑線と言いましょうか、そんな言葉はありませんが、赤外線と紫外線の間にある。

紫外線ともなれば、衣服の色は変えるし、物の特質を変えてしまいます。癌を発症させる働きもある。化学作用が強いわけですね。だから色から受ける印象も、紫に近いほどストレスを感じさせますし、赤に近いほど癒しを感じます。

秋は赤ですから、人の心も和むのでしょう。

とすれば、人生の最後はやはり赤なんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です