雪解けの 土をもたげて 蕗の薹

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア

Huki-no-to is emerging from the ground where the snow melted and exposed. It must be because it has sensed the warmth of the ground earlier than anything else.

近くに山の北斜面には雪が溶けずに残っています。その僅かな日溜まりに大地を突き破るかのように蕗の薹が目を出しています。各地から春を告げる便りが届く中、まだまだ寒いここにも大地の温もりをいち早く感じ取ったのでしょう。採って帰って天ぷらにでもすれば、ちょうど美味しい食べ頃ですが、そっとおいておくことにしました。

昨日も案の定、恵方巻きの売れ残りが多量に放棄されている報道写真がありましたが、罰当たりに思えてなりません。ただ一部デパートなんかは、予約客向けと注文に応じた分だけを作り、売れ残りのない工夫をしているところもあると書かれていましたので、溜飲を下げる思いもありました。

何事も程を知ることは大切です。

飛躍はしますが、一人で従業員何万人分もの報酬をふんだくって平然としている野蛮人を「有能」経営者だと崇めるような風潮が世界を、いや日本にも支配している現実があります。

マルクス、エンゲルスが警告した搾取経済社会から一歩も前進していません。

それどころか、世界のたった67人の守銭奴が世界人口の半数35億人分の富を独占しているという現実は、19世紀よりも後退しているとしか言いようがありません。

こうしたジャングルのような世界の中で日本は僅かですがオアシスのような社会を形成しています。

21世紀はとりあえずは日本が世界標準にならなければなりません。日本人の中にもまだまだ世界が標準のように錯覚している人たちが多くいます。

文明開化の鐘に耳を澄ませて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です