新年に思うこと


山から

もしも、愛するリリーよ、お前を愛していなかったら、

このながめは私にどんな喜びを与えてくれるだろう!

だが、もしも私が、リリーよ、お前を愛していなかったら、

ここかしこに幸福を見い出すことができようか。

いまだに諳んじているゲーテ詩集の中の一つである。

自分の感情や感動をどう表現すればいいのか、多感な折のもどかしさを的確に言い表してくれたのがこの詩集だ。ドイツ文学者の高橋健二先生による日本訳が素晴らしい。

日本にも短歌や俳句、そして明治以降の近代詩があってそれなりに素晴らしんだが、恋歌にしてもどうも日本のそれは個人の領域に留まっていて普遍性がないというか、広がりとか深さが感じられない。感情細やかなのはいいんだが魂をゆすぶられるほどの迫力がない。

だから、ぼくなどは文学にしても愛好したのは西洋文学であり、哲学もそうだった。

これは音楽や絵画、芸術万般にわたっていえることで、なぜなんだろうと思う。

ひとつには、受けた教育の影響も大きい。

音楽などはまず西洋音楽から学ぶわけで、日本古来の音楽、なんだろう?雅楽?民謡?筝曲?と今でもこんな状態で、ともかく日本の伝統音楽を学んだことがない。童謡にしろ唱歌にしろ洋楽で、オーケストラとかアンサンブルになるとなおさらだ。

そういえば、小学校のとき、音楽教室の壁に世界の音楽家の似顔絵が並んでいて、その中にひとり日本の滝廉太郎が載っていた記憶があるが、あとでベートーベンやモーツアルトの音楽を聴いて知ったとき、滝廉太郎といえば「荒城の月」しか知らないもんだから愕然としたことがある。

今にして日本の伝統芸術の良さがわかってきたわけだが、まだまだ「西洋かぶれ」から抜け出ていないことを実感することがよくある。

詩にしても、高校時代に萩原朔太郎の「月に吠える」がいたく気に入り、読書感想文でなんやら賞をもらったこともあるが、今は一編の詩も思い出せないどころか、ここに書いた作者名と作品くらいしか記憶に残っていない。朔太郎の少し後だったように思うが、上のゲーテの詩集ははるかに衝撃的で、その後も幾度となく読み返し、多くの言葉を学ん今に至っている。

小説にしても夏目漱石なんかもよく読んだんだが、ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだ時の衝撃力はまるで別次元だ。

こういう体験はぼく個人の特性によるものか、西洋と日本の文化の根底にある違いによるものか判らないが、これからの日本を考えるとき、文化面だけでなく、社会、経済、政治、外交、軍事、エネルギー、あらゆる面で、よって立つアイデンティティをよりいっそう明確にし、強固にしなければ、これからの国際社会の荒波を乗り切っていけないような気がする。

今の日本を見ていると危うさばかりが目につく。杞憂であればいいが。


新年に思うこと」への2件のフィードバック

  1. 素敵です。私には、詩を解釈する力がありませんが、このようなお話をして頂くと、詩の言葉を感じることができるようで嬉しくなります。
    ありがとうございます。

    • 園の魔女さん、お立ち寄りいただいてありがとうございます。
      関東大震災が20世紀を代表する日本の大災害とすれば、
      昨年の東北大震災は21世紀を代表する日本の大災害です。
      多くの人と物を失いましたが、見失いかけていた日本人の品性と心を呼び戻してくれました。
      どうか今年は、被災者ともども勇気と希望を持てる日本に立ち戻ってくれることを願ってやみません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください