そぞろ寒 明けて戸惑う 仏桑華

The sudden arrival of chills made Bussoge’s  expression look astonishing.  Originally born in a tropical country, Bussoge is a comfortable place to live in Japan, which is becoming subtropical.  The flowering season is long and continues to bloom from June to October.  But it’ll be amazed at the sudden changes in this season.  Bussoge is an evergreen shrub belonging to the genus Confederate rose in the Malvaceae family, and is the original species of hibiscus, which is widely cultivated worldwide. Hibiscus is a very modern name, but Bussoge has the image of smell like incense, so it is not well known to people.  However, there are records that Buddha Kuwaka has captivated people all over the world since ancient times.

突然の寒気到来で仏桑華(ぶっそうげ)もびっくりした様な表情です。元々南国生まれの仏桑華ですから、亜熱帯化しつつある日本は住みやすい所です。花期は長く、6月から10月にかけて咲き続けます。しかし今年の季節の急変には驚いていることでしょう。仏桑華はアオイ科フヨウ属に含まれる常緑の低木樹で、世界的にも栽培が盛んなハイビスカスの原種となった植物です。ハイビスカスはいかにも現代風な名前ですが、仏桑華は線香臭い感じがして余り人には知られていません。しかし、仏桑華は古代から世界中の人々を虜にしてきた記録も残されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です