コロナ禍も 知るや知らずや 里の秋

This year, which was opened with a pandemic of the new coronavirus infection, Satoyama has entered a fruitful autumn as usual. The ear of rice grows, the persimmons ripen, and the sympetrum frequens fly around, which is peace itself. However, at this time of year, I can’t hear the bells of the autumn festival and the musical accompaniment of drums. It’s just quiet. It’s a historic tranquility. I’m sure it will be recorded in future textbooks. The number of people infected with the new coronavirus in the world is 40 million, and the number of deaths is 1.1 million. But things are still going on. Autumn in Satoyama is more peaceful and fruitful than ever this year, but Japan and the world are still in an unpredictable and difficult situation.

新型コロナウィルス感染症のパンデミックで開けた今年も、里山はいつもと変わらず実りの秋を迎えました。稲穂が実り、柿が熟し、アキアカネが飛び交い、平和そのものです。ただ、この時期には必ず聞こえてくる秋祭りの鐘や太鼓のお囃子が聞こえて来ません。只々静かです。歴史的な静けさです。きっと将来の教科書にもそう記録されるでしょう。世界の新型コロナ感染者数4000万人、死亡者数110万人とも。しかし、事態はいまも進行中です。里山の秋は、今年はいつにも増して、平和で実り豊かですが、日本も世界も予断を許さない大変な状況が続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です