秋の色 映して美(うま)しや 金目鯛

Kinmedai is in season from now on until December.  Kinmedai is named Tai, but it is not.  It is a deep-sea fish that lives near the bottom of reefs shallower than 200 m in water, such as the Sea of ​​Japan and the East China Sea, all over Japan except Hokkaido and Okinawa.  Larger ones exceed 50 cm.  Shimoda Port in Shizuoka Prefecture, where the fish caught around the Izu Peninsula and the Izu Islands are landed, is the number one landing in Japan, and it is traded at high prices such as “Inatori Kinmedai”, “Suzaki’s Day Return Kinmedai” and “Toro Kinme”.   In addition, Chiba’s “Choshi Tsurikinme”, Kochi’s “Muroto Okitori Kinmedai”, and “Matsuwa’s Jinkinmedai” are all branded high-class fish.  The eyes of Kinmedai are large, and the one with a clear eyeball and a beautiful crystalline lens inside is fresh.  In addition, the one that has a glossy whole body surface and the color is bright red, and the one that is hard to the touch is a fresh Kinmedai.

金目鯛はこれから12月に掛けてが旬です。金目鯛は鯛と名前が付きますが、鯛ではありません。北海道と沖縄をのぞく日本全域、日本海、東シナ海などの水深200mよりも浅い岩礁の底付近に生息している深海魚です。大きいものだと50cmを超えます。伊豆半島・伊豆諸島周辺でとれたものが水揚げされる静岡県下田港が水揚げ日本一で、「稲取金目鯛」とか「須崎の日戻り金目鯛」、「トロ金目」とか言って高値で取り引きされます。そのほか、千葉の「銚子つりきんめ」、高知の「室戸沖取れ金目鯛」、「松輪の地金目鯛」などどれもブランド化される高級魚です。金目鯛の眼は大きく、眼球全体が澄んでいて中の水晶体がきれいなものが新鮮です。また、体表全体に艶があり色は鮮やかな赤色をしているもの、触って固いものが新鮮な金目鯛です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です