紫陽花と 青柳揺れる ペリーロード

Perry Road is a 400-meter road where, after Perry and his men came to Uraga by Kurofune, they landed also in Shimoda, and marched to Ryosenji with 300 subordinates.  This street, which still retains the remnants of the port town of Shimoda, has cobblestone roads along the smooth river.  The rows of houses with Izu stones and Namako walls and the rows of willow trees create an atmosphere.  Along Perry Road, an exotic retro atmosphere is created, and antique shops and cafes are lined up.  Anchokuro, a shop opened by that “Tohjin Okichi” who was said to be the best geisha in Shimoda and later followed a strange fate, also remains in the nearby Hanamachi, and you can get a glimpse of the traces of city from the end of the Edo period to the Meiji era.  By the way, the East India Squadron led by Perry departed Norfolk, Virginia, USA in November 1852, crossed the Atlantic Ocean, traveled around the Hope Peak at the southern tip of Africa, and entered Uraga in July 1853.  It really took eight months.

ペリーロードは、幕末にペリー一行が艦隊を率いて黒船により浦賀に来航、下田にも上陸し、300人の部下を引き連れ了仙寺まで行進した約400メートルの道をいいます。港町下田の面影を今も残しているこの通りは、平滑川沿いに石畳の道が続いています。伊豆石やなまこ壁の家並みや、柳並木が風情をかもし出しています。ペリーロードに沿って異国情緒あふれるレトロな雰囲気が醸し出され、アンティークショップやカフェなどが軒を連ねています。下田一番の芸者と言われ、後に数奇な運命をたどる事となった、あの「唐人お吉」が開いたお店である「安直楼」(あんちょくろう)も近くの花街に残っており、幕末から明治にかけての街の姿が、わずかながら垣間見ることができます。ちなみに、ペリー率いる東インド艦隊は1852年11月にアメリカのバージニア州ノーフォークを出航し、大西洋を横断、アフリカ南端の希望峰を回って、1853年7月に浦賀に入港しました。実に8か月要した訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です