老画家が じっと見つめる 夏穂高

An old painter in a bright red T-shirt rests his brush and is staring at the Hotaka Mountains from near the Kappabashi bridge, which is over the Azusa River in Kamikochi. Most of the canvas paintings are completed, but I wonder if there is something he hasn’t drawn yet. It’s been over fifty years since I first visited here. I can’t forget the deliciousness of juice made by dissolving powdered juice in water of the Azusa River. Memories of my young days when I wandered the Hotaka Mountains come back to me in quick succession. This old painter must be staring at the peaks of Hotaka with the same thought.

上高地の河童橋が架かる梓川のたもとで、真っ赤なTシャツを着た老画家が筆を休めてじっと穂高連峰を見つめています。キャンバスの絵はほとんど出来上がっていますが、まだ描き足らないところがあるのでしょうか。初めてここを訪れてからもう五十年以上が経ちました。梓川の水を注いで作った粉末ジュースの美味しさは今だに忘れることができません。あの穂高連峰を我が物顔に渡り歩いた若い日のことが走馬灯の様に頭をかすめます。この老画家もきっと同じ思いで穂高の峰々を見つめているに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です