背伸びして ヤマモモを摘む 散歩道

Yamamomo(Bayberry) is planted in places on the promenade of the park, and many fruits are falling at the base.  It has been picked and is no longer within reach.  I lowered the branch with a trekking pole and finally got fruit.  It is well ripe and has a sweet and sour taste that spreads in my mouth.  Speaking of Yamamomo, I think that I often saw it in supermarkets about 20 years ago, but in recent years it has not been seen much.  It’s because Yamamomo Fruits can be used for various purposes such as simmered foods, jams, and candied fruits, in addition to raw foods, but they are not widely distributed in the market due to their poor shelf life.  Izu-Kogen area is said to be the northernmost point of fruit, and each station on the Izukyuko Line sells “Yamamomo Drink”, a soft drink of bayberry, at vending machines.  Yamamomo is often used for tree planting for the purpose of greening, and is now often found in streets and parks as a roadside tree.

公園の遊歩道の所々にヤマモモが植っていて、根元には沢山の実が落ちています。手が届く所にはもう摘み取られて実はありません。トレッキングポールで枝を下げ、やっと実がとれました。よく熟していて、甘酸っぱい味が口中に広がります。ヤマモモと言えばかつて20年程前はスーパーなどでもよく見かけた気がしますが、近年あまり見かけなくなりました。果実は生食のほか煮物、ジャム、砂糖漬けなどさまざまに利用できますが、生食用には日もちが悪いためあまり市場には流通しなくなったからです。伊豆高原地区が実のなる最北端と言われているため、伊豆急行線の各駅では自動販売機で「やまももドリンク」というヤマモモの清涼飲料水が売られています。ヤマモモは緑化を目的とする植樹によく利用され、現在では街路樹として街路や公園でもよく見かけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です