金鯱が でんと座って 秋日差し

In the greenhouse of the “Wakayama Botanical Garden Greenery Center” in Iwade City, Wakayama Prefecture, there is Kin-Shachi (Golden barrel cactus) with a diameter of 70 cm, which surprises visitors.  Native species of Kin-Shachi are found only in limited areas of Mexico and Latin America and are listed as “Critically Endangered” on the IUCN Red List.  It is worthy of being called the king of cactus, with a maximum height of 1 m, a circumference of 7 m, and a maximum lifespan of about 30 years.  The flower language is “transient dream” because the flowers only bloom after 20 years.  Cultivated varieties are very popular, with a diameter of about 10 cm for 10,000 yen, and a high one for nearly 200,000 yen.

和歌山県岩出市にある「和歌山県植物園緑化センター」の温室には、直径70cmの金鯱があって、来客の度肝を抜きます。金鯱の自生種はメキシコと中南米の限られた地域にしかなく、IUCNレッドリストの「絶滅寸前」に指定されています。サボテンの王様と言われるに相応しく、高さは最大で1m、周り7mに達し、寿命は最長で30年程度と推測されています。花は20年経って初めて咲くことから、花言葉は「儚い夢」。栽培種は人気が高く、直径10cm位の物で一万円、高い物になると二十万円近くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です