門前の 脇道にそっと ネリネかな

On the way back from visiting the historic old temple, Taima-dera Temple,  in Katsuragi City, Nara Prefecture, walking along the winding old road, flowers like cluster amaryllis are shining and blooming in front of the gate of the old house.  If I look it up on Google Lens immediately, it says Nerine Bowdeny.  After all it is a flower of the cluster amaryllis.  It blooms from mid-October to mid-November, one month later than Higanbana(cluster amaryllis), and is characterized by a long flowering period.  The flower name “Nerine” comes from the sea goddess “Nereids”, which is famous for the beauty of Greek mythology.  Also, it shines beautifully when exposed to the sun, so it is called “diamond lily” in English. Nerine was introduced to England in 1904 and was raised to an unexpected beauty from its original species by the hands of Lionel Rothschild, the owner of the Rothschild Bank.  That is Nerine Guernsey.  It came to Japan in 1912.

奈良県葛城市にある古刹當麻寺を訪ねての帰り、曲がりくねった古道を歩いていると、旧家の門前に彼岸花の様な花がラメを施した様にキラキラ光って咲いています。早速Google Lensで調べると、ネリネ・ボウデニーとあります。やはりヒガンバナ族の花です。彼岸花より1か月遅れの10月中旬~11月中旬に開花し花期が長いのが特徴です。「ネリネ」という花名はギリシャ神話の美しさで有名な海の女神「ネレイデス」からきています。また、太陽の光が当たると綺麗に光るので英名では「diamond lily」と呼ばれます。ネリネは1904年にイギリスに紹介され、ロスチャイルド銀行のオーナーであったライオネル・ロスチャイルドらの手によって、原種からは予想もしなかった美しさにまで引き上げられました。それがネリネ・ボウデニーです。日本には1912年に渡来しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です