陽光に 真っ赤な羽広げ クジャク咲く

Kujakusaboten(Epiphyllum) is spreading bright red flowers in the sunlight of the rainy season.  Kujakusaboten is a forest succulent plant native to Mexico.  The same fellow Gekkabijin(Queen of the Night) blooms only overnight, but Kujakusaboten blooms for a few days during the day.  It grows with a flat stem with jagged edges straight up and does not have the sharp thorns of a typical cactus.  It has thin, shiny, transparent petals, with delicate stamens like silk threads, beautiful flowers on long fleshy leaves, and beautiful flowers like peacock feathers.  It came to be called the peacock cactus in time. The flower language of Kujakusaboten , which has both fragility and luster, is “transient beauty” and “lustrous beauty.”

梅雨の晴れ間の陽光を受けてクジャクサボテンが真っ赤な花を広げています。クジャクサボテンはメキシコ原産の森林性の多肉植物です。同じ仲間の月下美人が一夜だけ花を咲かせますが、クジャクサボテンは日中に二、三日間花を咲かせます。縁がギザギザした平たい茎をまっすぐ上に伸ばして生長し、一般的なサボテンのように鋭いトゲは生えていません。光沢のある透けたような薄い花びらが重なって付いており、絹糸のような繊細な雄しべが生えていて、多肉質の長い葉に美しい花を咲かせ、花が孔雀の羽のように美しい事からクジャクサボテンと呼ばれるようになりました。そんな儚さと艶やかさを併せ持つクジャクサボテンの花言葉は「儚い美」であり「艶やかな美人」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です