隠れん坊 忘れて吸った 忍冬

The Japanese name Suikazura means “sucking kudzu”, and there is nectar in the back of the elongated flower tube, which grows widely in the fields and mountains of Japan.  The name comes from the fact that children loved to hold flowers in their mouths and suckled sweet nectar.  The bush with honeysuckle flowers was a convenient hiding place for hide-and-seek and sometimes I completely forgot about hide-and-seek while I was suckling many times.  In Chinese characters, it is written as “忍冬”, which is a Chinese name and has been used for a long time as a folk medicine that is effective for antibacterial, antipyretic, diuretic and pain.  Another name is Kinginka(Golden and Silver honeysuckle), which is derived from the change in flower color from white to yellow.  The English name is “Japanese Honeysuckle”, and “suckle” means to suckle, so it is semantically the same as the Japanese name.  However, it does not seem to be welcomed as the same harmful alien species as Kudzu in the United States.

和名スイカズラは「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、広く日本の野山に自生しています。子どもが好んで花を口に咥えて甘い蜜を吸うことが行なわれたことから生まれた名前です。スイカズラの花が咲く薮は隠れん坊の格好の隠れ場でした。いくつもいくつも吸っている内に隠れん坊のことはすっかり忘れていることもありました。漢字では「忍冬」と書きますが、これは中国名で、古くから抗菌や解熱、利尿作用、痛みに効く民間薬として活用されてきました。別名は、キンギンカ(金銀花)とも呼ばれますが、これは花色が白から黄色に変化することに由来することに由来します。英語名はJapanese Honeysuckleで、sucklは吸うと言う意味ですから和名と意味的には同じです。ただアメリカではクズと同じ有害外来種として歓迎されていないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です