風光る ミューレンベルギア ふうんわり

I found a rare plant in the park. When I asked a park staff member who cares for the flowerbeds nearby, it was a plant called Mullenbergia. A slightly stronger wind is blowing, swaying to the right and to the left. The thin peduncles and flowers are pink to purplish red and look like a pale fog, shining beautifully in the autumn sun. It is a fantastic landscape. It is a gramineous plant that is widely distributed from the Midwestern United States to Florida, and is initially white, but becomes colored as autumn deepens.

公園で珍しい植物を見つけました。近くで花壇の手入れをしている公園職員に聞いたらミューレンベルギアと言う植物だそうです。少し強めの風が吹いていて、右に左に揺れています。細い花序柄と花はピンク色~赤紫色をしていて淡い霧のように見え、秋の陽光が当たりキラキラと美しく輝いています。幻想的な景観です。イネ科の植物で、アメリカの中西部からフロリダ州にかけて広く分布し、初めは白色ですが、秋が深まるに付けて色付きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です