欲しいなら カラスよお食べ 熟し柿

Crows have long been disliked as harmful birds that damage crops, and as ominous birds, as it is said that people die if the crows squeal badly.  It has a bad reputation even in the city.  However, like sparrows, no bird is as closely associated with humans as a crow. It is said to be the most intelligent of all birds. For example, in Aesop’s Fables, the story of “the crow’s jug”, which raises the water level by sinking stones to take out food that floats in the water in the bottle, has been handed down.  Recently, the children’s song “Caw-caw Karasu no Kansaburo”, which sang an Edokko crow who lives freely despite annoying everyone, became a big hit.  Some middle-aged and older people may miss Hachiro Kasuga’s “Karasu Kanzaburo”.

カラスは、「カラス鳴きが悪いと人が死ぬ」などと言い伝えられ、不吉な鳥として、また農作物を荒らす害鳥として昔から嫌われてきました。都会でも評判はよくありません。しかし、スズメと同様、これ程人との関わりが深い鳥もありません。鳥類の中で、最も知能が発達しているとされ、イソップ寓話にも、瓶の中で水に浮く餌を取り出すために石を沈めて水位を上げる『カラスの水差し』という話が伝承されている程です。最近では、迷惑がられながらも勝手気ままに生きている江戸っ子カラスを歌った児童歌謡『かあかあからすの勘三郎』が大ヒットしました。中高年の方には春日八郎の『からす勘三郎』が懐かしい方もおられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です