睡蓮の 葉の輝きに 花が添い

About 40 types of Suiren(water lilies) are distributed in the tropics, subtropics, and temperate zones around the world, and most of them are tropical Suiren that grow naturally in the tropics.  Only one type of Hitsujigusa grows naturally in Japan.  Both Suiren and Hitsujigusa are named because they close their flowers as soon as the sunlight weakens.  The scientific name of the Suiren “Nymphaea” is said to be derived from the water spirit “nymph” that appears in Greek mythology.  A nymph is a fairy who is said to have been abandoned by the hero Heracles and threw himself into the Nile to become Suiren.  It is regarded as a symbol of the sun in ancient Egypt, and Suiren often appear in decorative motifs and myths.  In this way, Suiren have been attracting attention all over the world for a long time.  Among them, the painting of Suiren by French Impressionist painter Claude Monet is famous.  At Giberny’s home, there is a Suiren pond, and he continues to draw the Suiren that bloom there until his death, and the number of his works exceeds 200.  By the way, the English names of Suiren are “water lily” and “pond lily”, and the flower language is “pure heart”, “trust”, and “faith”.

スイレン(睡蓮)は世界各地の熱帯、亜熱帯、温帯に約40種類が分布し、その多くは熱帯地域に自生する熱帯性スイレンです。日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生します。スイレンもヒツジグサも陽射しが弱まると早々に花を閉じてしまう様子から名付けられました。スイレンの学名「Nymphaea」は、ギリシア神話に登場する水の精「nymph」に由来するとされています。ニンフは、英雄ヘラクレスに捨てられ、ナイル川に身を投じて睡蓮になったとされている妖精のことです。古代エジプトでは太陽のシンボルとされており、装飾のモチーフや神話などに睡蓮はよく登場します。このようにスイレンは世界各地で古くから注目されていました。中でも、フランスの印象派画家クロード・モネの睡蓮の絵が有名です。ジヴェルニ―の自宅には睡蓮の池があり、そこに咲く睡蓮を死ぬまで描き続け、その作品数は200点を超えています。因みにスイレンの英語名は、water lily 、pond lily で、花言葉は「清純な心」、「信頼」、「信仰」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です