花道を 親娘で巡る 車椅子

Almost no one is in the park because of the coronavirus or because it’s during the day. A wheelchair slowly is moving along the flower path in the park. Maybe they are an old mother and her daughter. Whether they are talking about something or just looking at the flowers, I can feel the gentleness from the wheelchair’s moving. It’s the “summer day” today, but a cool breeze occasionally is blowing. The breeze carries a lovely rose scent from the adjacent rose garden.

これもコロナウイルスの影響なのか、それとも日中のせいなのか、人気のほとんどない公園の花道を、多分親娘なんでしょう、車椅子がゆっくり進みます。何か語らっているのでしょうか、それともただ花を見ているだけなんでしょうか、車椅子の歩みに優しさが感じ取れます。今日も夏日ですが、時折涼しい風が吹いてきます。その風に乗って隣りのバラ園から優しいバラの香りが流れてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です